ホンだの軽トラもFMC

この冬10年ぶりにフルモデルチェンジを迎えるホンダ・アクティトラックも正式デビューに先駆け、東京モーターショーでお披露目する。新型最大の特徴は、運転席前にあった前輪を運転席下へ移動させることで短くなったホイールベース。フロントオーバーハングがやけに長いのは眼の錯覚ではなく、ホイールベースは現行の2420mmから1900mmに、何と520mmも一気に短縮されている。これにより最小回転半径は軽最小の3.6m(2WD)を実現、軽トラックが必要とされる現場で圧倒的な機動力を発揮する。

画像


ドライバーとフロントウインドーまでの距離や足元の横幅・奥行きの拡大によって、ドライビングポジションや乗降性のゆとりも向上。伝統のミッドシップエンジン・リヤドライブレイアウトは、もちろん継承されている。ほかにも農機具との接続性やメンテナンス性を向上させるバッテリーの荷台下配置や、サビに強い亜鉛メッキ剛板の多用など、使い勝手と耐久性が徹底的に追求されている。


軽の規格が98年に改正され、サイズアップしたのは良かったのですが、規格前と比べて乗り降りしにくくなったのが、どうにかしてほしいと思っていました。スズキの軽トラなんか降りるときに、絶対足元がひっかかって腹が立つことがしばしば。後、ダッシュボードの位置が高いのも嫌でした。僕の会社でも軽のバンがありますが、規格後のものは難点が多く、規格前のものを15年乗り続けています。画像を見る限り、乗り降りし易くてよさそうですね。視界も良さそうです。やはり後部にエンジンを載せているおかげで、MTで運転すると、軽なのに非力さを全く感じません。上り坂なんて、あっさり登ってくれます。やはり軽は排気量がないぶん、後輪駆動がいいと思います。

この記事が面白かったら、
下の広告バナーをクリックしていただけると嬉しいです。
今後とも頑張って更新します!
クリック 三井住友銀行グループ

クリック ライブドアBlog

クリック 春のオススメ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • くちこみブログ集(くるま): アクティ:ホンダ by Good↑or Bad↓

    Excerpt: 「アクティ:ホンダ」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してくださ.. Weblog: くちこみブログ集(くるま)(投稿募集中)by Good↑or Bad↓ racked: 2009-10-13 07:18